十和田市の概要

青森県十和田市は青森県東南・南部地方の内陸部に位置し、

国の特別名勝及び天然記念物に指定された「十和田湖」、「奥入瀬渓流」は、

東北を代表する観光地として多くの方が毎年訪れています。

十和田湖周辺は、国立公園そして鳥獣保護区として、

生き物、自然、景色が大切に守られて、古き姿が生き続けています。

また、「日本三大開拓地」のひとつである十和田市は、荒れ果てた台地から、川をつくり、田畑をつくり、町が整備され、全国でも有名な農畜産物の生産地域へと変貌を遂げました。現在では、十和田市現代美術館をはじめとした「アートの街」として、

自然と調和する美しい街並みを築いています。

十和田八幡平国立公園内にあり、

十和田火山の噴火で形成されたカルデラ湖です。

湖畔には高村光太郎作の乙女の像があり、

観光用の湖上遊覧船が運航しています。

中山半島には十和田神社があり、

パワースポットとして注目を集めています。

十和田湖

十和田湖から流水する唯一の河川、奥入瀬川(おいらせがわ)。十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山(やけやま)までの約14kmの区間を奥入瀬渓流と呼びます。特別名勝および天然記念物に指定されている文化財です。渓流沿いに多数の滝が点在していることから

「瀑布街道(ばくふかいどう)」とも呼ばれています。

奥入瀬渓流

「日本の道100選」にも選ばれ、1.1kmにわたる桜並木に156本の桜が咲き誇ります。夜はライトアップされた夜桜を楽しめ、市役所の展望ロビーからは、駒街道一面に咲く桜を堪能できます。

十和田市官庁街通り(駒街道)

国内外で活躍するアーティスト33名による建築や

空間と一体になった38作品を展示しています。

展示室に限らず、中庭、屋上、階段室などのあらゆる空間で多様なアートが展開し来場者に「新たな体験」を提供します。

また、美術館前のおよそ1kmに渡る官庁街通りを

ひとつの美術館に見立てたアート広場や

アートファニチャーもあります。

十和田市現代美術館

十和田市は古くから南部馬の産地として栄え

明治時代には軍馬補充部が置かれていました。

苑内には馬にまつわる歴史などを紹介した

文化資料館「称徳館」があり、

また馬への餌やりや乗馬体験など

馬と触れ合える駒っこ牧場や大型遊具などの公園があります。

 

十和田市馬事公苑 駒っこランド

毎年9月第2週に開催される

十和田市の秋風物詩「十和田市秋まつり」では、

豪華絢爛な山車や勇壮な太鼓車が通りを埋め尽くし、華麗なバチさばきと大音響で感動を誘います。

十和田市秋まつり

駒街道に面する緑地公園では、桜が見頃な春に桜流鏑馬が行われます。

桜流鏑馬は、勇壮にして華麗な伝統武術の供覧です。

馬を駆るのは全て女流騎士。馬は和種(日本の馬)。

そして馬が駆け抜ける鉄砲馬場(やぶさめの走路)は

満開の桜並木の下で行われます。

秋には、男女混合で技を競う世界流鏑馬選手権が行われます。

桜流鏑馬

かぶればみんな友達。十和田市のコミュニケーションツール「ウマジン」。ウマジンをかぶると皆笑顔。ウマジンは人と人を繋ぎ、人と街を繋ぎ、街と世界を繋ぎ、全てを元気にします。

「馬とアートの街を表現したキャラクター」

「ウマジンになればみんな平等」

「人と人とが繋がり合う平和な世界のためにレッツウマジン!」

ウマジン

「日本の貴重なコケの森」に選定された奥入瀬渓流では、コケが観光資源として多くの観光客に親しまれています。

渓流に点在する苔むした岩を「こけ玉」で見たてて

「小さな奥入瀬渓流」としてお楽しみ頂けます。

こけ玉

制作・監修

協力 (順不同)

十和田市・JA十和田おいらせ農業協同組合・(一社)十和田市観光協会・十和田市現代美術館・十和田バラ焼きゼミナール

有限会社十和田乗馬倶楽部・漆畑ファーム株式会社・有限会社みのる養豚・奥入瀬モスボール工房・安斉研究所・十和田湖ひめますブランド推進協議会