十和田湖

十和田八幡平国立公園内にあり、十和田火山の噴火で形成されたカルデラ湖です。湖畔には高村光太郎作の乙女の像があり、観光用の湖上遊覧船が運航しています。中山半島には十和田神社があり、パワースポットとして注目を集めています。

奥入瀬渓流

十和田湖から流水する唯一の河川、奥入瀬川(おいらせがわ)。十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山(やけやま)までの約14kmの区間を奥入瀬渓流と呼びます。特別名勝および天然記念物に指定されている文化財です。渓流沿いに多数の滝が点在していることから「瀑布街道(ばくふかいどう)」とも呼ばれています。

十和田市官庁街通り(駒街道)

「日本の道100選」にも選ばれ、1.1kmにわたる桜並木に156本の桜が咲き誇ります。夜はライトアップされた夜桜を楽しめ、市役所の展望ロビーからは、駒街道一面に咲く桜を堪能できます。

十和田市現代美術館

国内外で活躍するアーティスト33名による建築や

空間と一体になった38作品を展示しています。

展示室に限らず、中庭、屋上、階段室などのあらゆる空間で多様なアートが展開し来場者に「新たな体験」を提供します。

また、美術館前のおよそ1kmに渡る官庁街通りを

ひとつの美術館に見立てたアート広場や

アートファニチャーもあります。

十和田市馬事公苑 駒っこランド

十和田市は古くから南部馬の産地として栄え

明治時代には軍馬補充部が置かれていました。

苑内には馬にまつわる歴史などを紹介した

文化資料館「称徳館」があり、

また馬への餌やりや乗馬体験など

馬と触れ合える駒っこ牧場や大型遊具などの公園があります。